2006年06月17日

[テクノ遊牧民]もうぎりぎりのオーディションはやめたい

こないだ初めてオフラインでプレイしたんですが、
プレイし始めて半年以上たつというのに、そのときまで
オフラインでは特別オーディションなしだと知らなかった梅雨の夜。



もうじき活動20週だっていうのに、まだ特別オーディションひとつも
合格できてないんですよ。だもんで、敏腕記者も憑いてることだし
今回は楽園歌姫にでもエントリーしようと思っていたんですけどねー。

「しゃあない、EF限定30Kでいくか」って思ってエントリーしたら
はじかれました。
「へ!?なぜ?あ、そーか。EF限定レベル7以下までだった。」
敏腕が憑いてるのが逆に仇になってしまいました。
「え、じゃあ全国オーディションしか参加できないのか?うわ、
どうしよう。」
うわ、どうしようってやるしかないんですがまぁオフラインだし、
問題ないだろう、とおもいつつエントリしたのは25Kオーディション
というヘタレっぷりを遺憾なく発揮。

対人エントリーが無いのでぽんぽん進んでいくのは待つストレス
感じなくて良いんですが、緊張感がないのでちょっと変な感じ。

うちの子らのユニットレベルが9、でCPUらのレベルが8〜10と
まぁCPU相手なら特別警戒するほどのものでもなかったのですが。

1次審査でCPUのボケどもが何をトチ狂ったか、思い出の花を
満開に咲き誇らせちゃいました。んで、こっちは思い出少ないんで
できるだけ節約したいっつーのと、そんなアホな事を考えてる
もんだから、

1次審査はVo.(流行1位)が5位、Da.(流行2位)が6位。

1位が5位ってなにか訳わかんない表現だけど。
ちなみに流行3位のVi.は1位でした。
Vi.では負けんよ^^

って、そんなくだらない事でいい気になってる場合でもなく、
2次審査から思い出節約なんて言う甘い考えは捨てて、
使っちゃうもんねー。

Bad引き

減点

orz。

そんな感じで2次審査では、えー細かい順位は忘れましたが

全ジャンル4位〜5位。
バッド引いたあたりで完全に冷静さを失ってました。どれかジャンルに
固めて打ってればよかったのに、なんで満遍なくアピールしますか。

もう2次審査終わったあたりで、ほぼ9割がたあきらめてました。
ボーカル審査員が退場してくれればまだ望みはあるかもしれないけど、
興味の量からして、それも難しそうな感じでしたし、仮に審査員帰っても
それでも3位以内は難しいって感じ。

「まー、どっちにしてもいまから3位以内に食い込むにはそれに
賭けるしかないかー。Vo.捨てれば思い出節約できるし。」

っということになり、3次審査ではDa.とVi.のみにアピールし、

両ジャンル2位。ここでやっとまともに星を獲得。
で、肝心のボーカル審査員はというと、最後のアピールで退場して
下さいました。あー、心臓ドキドキした。

これで、3位以内の目は一応でましたがそれでもこれで
獲得星数6なんで正直、
「やっぱ無理」
って思いつつ祈りながら結果発表をまつ…。


ダララララララララ…















パッパラー!





なにい!!

ちょっと自分でも信じられなかったけど、かろうじてフレッシュ
勝ちで3位に食い込めました。あぶなかったー。
一応不合格という最悪の事態は免れましたが、あまり喜んじゃ
いけない内容と言いますか。
もうこんなグダグダなオーディションは絶対やりたくないです。

で、今回の合格でファン数12万でランクDにあがりました。
これから全国オーディションが主戦場になってしまうわけですが。
こんなんでやっていけるのかな。
posted by ミツアシ at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | アイドルマスター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19418415

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。