2006年01月30日

オーディション不合格のペナルティが厳しすぎると思う

アイドルマスターにおいて一番楽しめるところは,オーディションによる
対戦であるべき,と私は思ってるのですが,実際はそうはなってないよう
です。

アイドルマスターの攻略については,いろいろな情報がネットでは見つか
ります。そんななかで,オーディションについては多くのテキストで
「対人対戦原則回避」
と言われています。上を目指せば目指すほど。
しかも,オーディションで枠外後入りする人は毛虫のごとく嫌われ
たりすることも珍しくありません。

なんだかなー。

私がここで述べるまでもなく,「オーディション対戦」という方式は,
アイドルマスターのウリの一つです。
そして,「レッスン」でのレベル上げも,「コミュニケーション」での
思い出の累積も,オーディションでの対戦で勝つために向けられたもの。
そうである以上は,オーディションでの対戦は最も楽しめるべきもので
あるはず。
しかし,じゃあ実際私自身はどうかと言うと,例えば50Kオーディションに
2人以上先入りされてたら,もうNG,スルーの一手という負け犬の発想な
わけです。

なんだかなー。

私はオーディションの不合格によるペナルティの大きさが,この
現状の一因だと思っています。

オーディションに不合格すると,ファン数減少,イメージレベル減退
というペナルティが発生します。
ファン数減少については,比較的簡単に挽回可能なのでたいして大きな
ペナルティではありません。しかし,イメージレベル減退はかなり
厳しいです。減退したレベルは回復しないわけですし,レベルアップの
ために費やしたレッスンがまるまる無駄になるわけですから。
特に私のように,まだレッスンで満足のいくプレイができずに,序盤で
レベルアップに苦労する人は,なんとしてでも避けたいペナルティでしょう。
そういうわけで,オーディションで対人対戦を避ける戦略というのは
当然の流れになってしまうわけです。
このペナルティを軽くすれば,少しは対人対戦にも積極的になれるかも
しれないと思うのですが。
少なくとも,私はイメージレベル減退さえなければバンバン対人対戦に
挑戦したいんですけどね。

アーケードゲームとしては,1クレジット消費してファン数増加なし,って
だけでもペナルティとして成立するんじゃないかと思ってますが,そこは
甘え過ぎですかね,やっぱり。


ここで書き連ねたことは,いますでにアイマスをプレイしてる人にとっては
至極当然当たり前のことなのでしょうが,せっかく考えたことを考えただけで
終わらせるのはもったいないので,形にしてみました。
ツッコミでもなんでも何かコメントがあればうれしい。
posted by ミツアシ at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | アイドルマスター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12477590

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。