2006年01月09日

HIT-TVに挑戦

今日(1/8)アイマスしによく行くゲーセンをいつも通り覗いてみると,
無人のアイマススペースの辺りを何か妙なおっさんが
ウロウロしてました。LIVEモニターを見てる訳でもなく,
かと思ったらすぐ横の「三国志大戦」のスペースを覗いたり,
またアイマスの筐体の前に戻ってきたり。
なんかちょっと不審だったので,先に所用を済ませてからにしよう,
と思ってとりあえずゲーセンを後にし,2時間後くらいに戻ってきたら
……まだ居るし!

普段外野がいても全然気にしないんですが,なんか不気味に思えて
その後15分くらい様子を伺うことに。相変わらずプレーする訳でもなく
アイマスの周りをウロウロした後にふいとどっかに行っちゃいました。

「なんだったんだ,あのおっさん…」

と思いながらコイン入れてプレイしようとすると,すぐ後にもう一人の方が
プレイを始めてました。あの人も様子を伺ってたんだろうか。

そんなこんなで,前回エントリの続き,HIT-TVチャレンジのことをば
・30週目:特別オーディションHIT-TV
中間審査1位にのみ☆が与えられる特別オーディションです。
普通のオーディションだと,中間審査3位までが☆を獲得できるので
1位を狙うよりはボーカル,ヴィジュアル,ダンス全てにバランスよく
得点を得られるようにアピールすればよかったのですが,HIT-TVでは
3位や2位を取っても意味がなく,1位を取らないことには話にならない
わけです。

ネットで探すと,このHIT-TV,COM相手なら必勝法があるようなのですが,
そのへんは目を通さずに挑戦しました。必勝法ぶらせげて挑戦だなんて
私にはまだ早い。当然のようにブースト利用ですが。

流行はVi.1位 Da.2位 Vo.3位

1番 Vo. Lv10 
2番 Vi. Lv10
3番 Da. Lv10
4番 Vi. Lv13
5番 Vi. Lv10
6番 Da. Lv11
4番が私。5,6番はCOM,あとは偽装HUMだと思います。

とりあえず,どれかジャンルの1位を狙いつつ,他のジャンルでは
6位にならないようにアピールしていくことに。1次審査ではVi.に
狙いをつけてVi.5回 Da.2回 Vo.1回 思い出1回のアピールで

Vi. - 1st Da. - 3rd Vo. - 4th

2次審査開始時,思ったよりビジュアル審査員の興味の量の減りが
少ないので引き続きVi.狙いで行くことに,って今から考えるともう
この時点で即座にツッコミ入れたくなる判断なわけですが。
2次審査の中盤あたりでCOMの思い出濫用が発生したので
こっちも思い出を二つ消費し,Vi.5回 Da.2回 思い出2回のアピール。

Vi. - 1st Da. - 2nd Vo. - 3rd
ここはVi.4回 Da.3回でDa.の1位も取れたような気がします。

で,3次審査開始時にふと気付きました。
「あれ?ここでビジュアル審査員帰ったら俺負け確定じゃん」

…気付いた瞬間,変な汗がどっと出てきましたよ,まじで。
3次審査開始時でまだ興味の量半分って感じだったのですが,
様子を見つつ進行して行くとみるみるうちにビジュアル審査員の
興味の量が…。
思い出使って興味を回復させようにもにも既に1次,2次で使い切ってるし
なす術無く見てるうちに,案の定ビジュアル審査員が退場ーーー,
1次,2次で拾った☆全てパァ!\(^o^)/



………って作り話はこのくらいにして,まぁ実際の進行はというと,
各ジャンルに2回アピールした後,審査員の興味の量から退場はない,
と判断し残り3つのアピールを全てVi.に投下。

Vi. - 1st Da. - 4th Vo. - 4th

結果,☆×15でHIT-TV合格しましたー。最後ビジュアル審査員の興味の
量がほんの僅かで,1回でも余分なアピールが入ってたら確実に死亡でした。
2次,3次からDa.やVo.の☆取ってればより安全より確実に勝てたのに,
自ら難度高くしてどうするよ,って感じですね。

30週目終了時,ファン数49万1219人。ランクBまで21万人です。
残る特別オーディションは,LONG TIMEのみ。
こんな調子で勝ち進めるのか,不安材料てんこもりです。



posted by ミツアシ at 02:49| Comment(0) | TrackBack(0) | アイドルマスター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。